株式会社宍戸石材

〒987-0366 宮城県登米市豊里町下屋浦1-1
TEL.0225-76-4766 FAX.0225-76-4863
洋型墓石
洋型墓石は横に幅が広く安定感がありますし、和型墓石に比べて高さがないために視界が開けるので、芝墓地などの洋型墓石が多い場所は自然と明るく開放的な空間になります。そうして雰囲気を好んで求める人も多いようです。表面に刻む文字も従来のものではなく、好きな言葉を掘り込むなど一工夫ほどこす人も多いようです。
人気を集めており、首都圏では新たに作られる墓石の3割はこの型だといわれています。

インターロックデザイン墓石−祐

天空を表す曲面とそれを覆う美しい花のレリーフで構成されたお墓です。台の直線と石塔の曲線とが上へとつながりながら伸びる一体感のあるフォルム、シャープさと優雅さがバランス良く織り交ざったデザインです。花のレリーフが無機的になりがちなシンプルなフォルムを温かく包みます。

インターロックデザイン墓石−アールヌーボーUアールヌーボーとは19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパ各国の建築・工芸・絵画などの諸芸術に流行した様式で、植物の形態をモチーフにした点が特徴です。この墓石は故人を想う祈りの心を印象的に表現するために自然界の植物が持つ穏やかな表情をアールヌーボーのラインで優しく表現しました。台と石塔を一体化した曲面・曲線で構成された優雅なフォルムを石塔に刻まれたレリーフがアクセントとして表情を引き締めます

インターロック墓石デザイン-アールヌーボーVアールヌーボーとは19世紀末から20世紀初頭にかけてヨーロッパ各国の建築・工芸・絵画などの諸芸術に流行した様式で、植物の形態をモチーフにした点が特徴です。この墓石は故人を想う祈りの心を印象的に表現するために自然界の植物が持つ穏やかな表情をアールヌーボーのラインで優しく表現しました。台と石塔を一体化した曲面・曲線で構成された優雅なフォルムを石塔に刻まれたバラの彫刻が豪華に飾ります。

インターロック墓石デザイン-紫園-V


故人を想い、天を仰ぐような上へ向かって広がるシャープなフォルムと故人と家族の想いを象徴する碑面の伸びやかな曲面のフォルムが組み合わさることで、優雅さと気品に満ちた墓石になりました。碑面を囲む花のレリーフが墓石を温かく彩る祈りの心が満ち溢れた表情豊かなデザインです。

インターロック墓石デザイン-富嶽

堂々と広がりを見せるフォルムは雄大な富士をイメージした墓石です。語りかけたくなるような立体感をもたせた碑面と周囲に穏やかな曲線を配した特長的なデザインは、心が和らぐ造形です

トップページ 墓石の基礎知識  デザイン集  デザイン墓石 和型墓石 洋型墓石 リフォーム  墓石の彫刻  ガーデニング  耐震施工 天災補償 墓地募集 お問合せ

Copyright(c)2008 宍戸石材 ALL rights reserved.